• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • 文化活動
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫shanghainews
 
高速道路2月15日0時から21日24時まで、無料通行へ
 
2018-02-09
 

「労働報」の報道によると、2月1日から、全国では春節移動ラッシュのピークを迎えている。道路運営管理に従事する上海市路政部門は、今年の春節連休も引き続き高速道路の小型車の無料通行を実施するとした。具体的な時間は2月15日(旧正月大みそか)0時から2月21日(旧歴1月6日)の24時までで、車両が高速道路出口の高速道路料金所における運転通過した時間を基準とする。

上海市路政局(Shanghai Road Administration)のネットワークモニタリングセンターでは、2018年春節移動ラッシュ期間の道路交通網における車両通行規模は更に上昇を示し、春節移動ラッシュ40日間の上海市高速道路車両通行量は延べ4,229万台、1日平均通行量は延べ106万台で、2017年同期比10%増を見込み、これらの車両は市内、市外への通行を主とする。公共道路の市・省間境界道路口における市内・市外への通行総量は延べ2,372台で、市外への通行総量は延べ1,255万台、市外への1日平均通行量は延べ59万台。車両通行別では、高速道路が全体の70%を占め、一般道路は全体の30%を占める。省間境界道路口では江蘇省方面を主とし、全体の約70%を占める。また、浙江省方面は約30%を占める見通し。

都市間快速道路において、2018年春節移動ラッシュ40日の快速道路車両通行総数は合計延べ7,772万台で、前年同期比4%増と予測。春節前後の2週間において、1日平均車両通行量は延べ225万台で、前年比5%増。春節連休7日間、快速道路車両通行量は低レベルでの運行を保ち、春節前日(大みそか)の1日平均車両通行量は39%減。春節明けの3週間、道路交通網の通行量は回復上昇を示し、1日平均延べ192万台と予想している。

春節移動ラッシュの道路での交通渋滞に直面して、路政部門では各種の緊急対応予備案と保障措置を改善、詳細化し、渋滞ピークに積極的に対応する。春節期間、作業員約1万名が出動し、重要道路区間と料金所現場での当直強化に当たる。道路網内のメイン道路の料金所と通行量が多く、条件を備えるインターチェンジの料金所に60%以上の小型客車専用快速通行レーンを設置し、車両の円滑で、秩序をもった通行を誘導する。