• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • 文化活動
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫shanghainews
 
今年も植樹祭がやってきた、上海市全域の森林カバー率は16.2%
 
2018-03-13
 

地元紙「労働報」の報道によると、3月12日は全国第40回「ボランティア植樹祭(義務植樹節)」である。上海市緑化部門は、現在上海市の新林カバー率はすでに16.2%に達したと発表した。森林公園、郊野公園、水源養林、沿海防護林などが上海市新林生態システムの枠組みを構成している。

統計によると、2017年時点で、上海森林地面積は約170万ムー(約11億3,339万平方メートル)で、黄浦区46個分に相当する。また、森林カバー率は16.2%に達する。2020年までに、上海市森林カバー率を18%とする。市林業部門は上海森林資源年度モニタリング結果において、同市の森林は主に郊外エリアに集中し、郊外エリアの林地面積は市全域林地総面積の96.4%を占め、4分の1の森林が崇明区にあり、同市全域の森林資源総量に最も貢献している。同時に、統計データでは、最も繁華な中心エリア(主に外環状線以内のエリアを指す)の森林カバー率は10%を超えていることが分かった。森林面積の統計方法に基づき、中心エリアでは森林標準に合致する公共緑地、林道による日陰を森林カバー率が統計範疇に入れられるためである。

「第13次五カ年計画」(2016-2020年)、上海市郊外エリアの林業は飛躍的発展段階に入り、現在、佘山、東平、海湾、共青などの国家森林公園4カ所があり、青西、浦江、長興島などの郊野公園も相次いで完成し、市民に開放された。上海市森林の中で重要な割合を占める経済果物林は、2017年優良果物約31万トンを生産し、生産総額約23億元にのぼった。