• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • アート・音楽イベントカレンダー
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫shanghainews
 
上海市三大鉄道駅の年間旅客輸送量延べ2億人を突破、高速鉄道1日平均約900往復で上海市を往来
 
2017-12-06
 

地元紙「労働報」の報道によると、12/4午前、G14便列車が上海虹橋駅から北京南駅に向う乗客・チャールスさんが鉄道上海駅で今年上海から鉄道に乗車する1億人目の旅客となった。嬉しさのあまり、彼は、「中国の高速鉄道は本当に便利だ。アメリカもこのように円滑な鉄道であってほしい」とコメントした。

上海鉄道の乗客取扱量は初めて延べ2億人を突破した。運営を行う上海鉄路側は、この特別な乗客に高速鉄道列車「復興号」の模型と中国鉄道の変遷を記載した記念切手セットを贈呈した。鉄道上海駅は上海駅、上海南駅、上海虹橋駅、上海西駅、南翔駅、安亭北駅の3つの大規模駅と3つの小規模駅の合計6駅を管轄する。このため、当日1億人目の幸運に恵まれた上海から乗車した乗客は同時に、上海市鉄道交通取扱量史上初の2つの1億人を突破することになった。

現在、毎日高速鉄道900往復を超える上海鉄道路線では、60万人を超える乗客が全国各地からこの大型国際都市を訪れる。60万人という数は大体アメリカ首都ワシントンの人口総数に匹敵する。900往復の列車の往来は、平均1.4分に1度列車が到達或いは発車する計算になる。

統計によると、上海鉄道の旅客取扱総量のうち、約60%の乗客が半径約300キロからの乗車で、長江デルタ経済ベルトからである。安定したビジネス流動と新興成長の展覧会流動がその中の中堅パワーとなっている。上海虹橋駅周辺は、総敷地面積86.6平方メートルで、ビジネス、展覧会、レクリエーション、交通を一体化する虹橋ビジネスエリアは上海市西部の新しい経済成長の極である。2014年上海国家会展中心(National Exhibition and Convention Center(Shanghai))の完成後は、各種大型展覧会の開催が開催され、数十万人の入場者を動員している。

2010年と比較して、駅構内の駅員数はほぼ変わりはないが、駅内の乗客数は2010年比78%増を実現した。乗客取扱量は「億」のレベルを突破し、鉄道輸送能力の配置と駅管理レベルは新たな試練を迎えている。1日当たりの乗客取扱量が約40万人の上海虹橋駅は、総合制御室、運転室では6名の作業員が実際駅全体の400往復以上の列車、400シーン以上の電子モニター、220台以上の改札口の進出の運営状況をコントロールする責任を負っている。167台の自動切符販売機(発行)機は虹橋駅切符販売サービスの主役となり、全体の80%の切符販売、発行業務を担っている。

中国共産党中央政府が関心を寄せる「トイレ革命」、これは終始上海鉄道管理の重点業務である。今年、虹橋駅では率先して駅内トイレの「スマート化改造」を完成し、全てのトイレにスマートセンサー装置を設置し、空きトイレの情報を動態的に公開し、より乗客の使用を便利にした。新たに女性専用トイレ2カ所を増設し、駅全体の女子トイレは54%に増加し、トイレの数は271個に達した。