• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • 文化活動
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫shanghainews
 
2018年春節移動ラッシュ、 2月12-14日上海市三大鉄道駅で混雑ピークに
 
2018-02-02
 

2018年春節移動混雑に合わせた特別輸送が2月1日から始まった。今年の春節移動ラッシュは2月1日から3月12日までで、春節前の15日間、春節明けの25日間の合計40日。中国の全国乗客移動数は延べ29.8億人に達する見込みで、ほぼ昨年並みと予想される。鉄道利用客は8.8%増、航空便利用客は10%増だが、長距離バスなどの公共自動車道での移動は1.6%減で、今年初めて公共自動車道を利用する乗客数がマイナスとなる見通し。今年の春節は2月16日と例年より遅めであることから、春節明けの親戚まわり、観光、学生の新学期開始、出稼ぎ労働者の移動が重なり、混雑のピーク時には、最高ピーク期間の1日当たりの乗客輸送数は延べ1億人以上と予想されている。

上海市の三大鉄道駅(上海駅、上海南駅、上海虹橋駅)では、2月12-14日乗客の混雑が出現する。鉄道上海駅の情報によると、上海三大鉄道駅では乗客輸送数延べ1,315万人を予定し、2017年を115.17万人上回り、昨年比9.6%増と予想。春節移動期間の乗客の帰省需要を満たすため、鉄道上海駅では2月1日から、2018年春節列車ダイヤを本格的に実行し、毎日運行される往復列車433.5便をベースとして、更に臨時列車104.5便の増便を手配し、合計538便で、昨年より20.5便の増便を見込んでいる。

高速鉄道「動車組」列車(動力分散式列車)は上海鉄道の春節ラッシュの主力列車で、全便において高速鉄道「動車組」列車を運行させる上海虹橋駅では延べ760.7万人の乗客数で三大鉄道駅の中でも首位で、乗客総数の57.85%を占め、乗客輸送数は延べ366万人で、全体の27.83%を占める。上海南駅と上海西駅、南翔北駅、安亭北駅では乗客輸送数延べ188.3万人で、全体の14.32%と予想される。1月15日時点で、上海三大鉄道駅の春節前にすでに販売された鉄道切符数は208.48万枚、90%以上がオンライン、電話での購入であった。

浦東、虹橋空港では乗客送迎数延べ1,260万人を予定する。上海機場集団の情報によると、今年の春節移動ラッシュ期間、上海機場集団傘下の浦東、虹橋国際空港の乗客取扱量は延べ1,260万人で、二大空港では多くの措置を講じて、春節に航空便で移動する乗客の安全を保障する。

予測によると、浦東国際空港の春節移動ラッシュ期間の乗客取扱量は延べ820万人ほどで、前年比5%増。浦東空港が増便した乗客目的地は中国国内の西南部、中南部の大型都市と東南アジア、日本などの国際観光地である。虹橋空港では香港往復乗客が延べ440万人を超え、1日平均の香港往復乗客は延べ11.15万人に達する。春節移動ラッシュの人気航路は広州、深圳、武漢、成都、昆明等の中南、西南地区に集中する。