• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • 文化活動
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫shanghainews
 
1月16日塩城から南通までの鉄道建設に着手、今後滬通鉄道と接続へ
 
2018-01-18
 

中国鉄道運営の「中国鉄路上海局集団有限公司」は、1月16日午前、新たに建設される「塩城-南通」鉄道(以下、塩通鉄道と略称する)の起工動員大会を江蘇省塩城市で開催し、同鉄道建設が正式に着工した。同鉄道は時速350キロの新規路線を設計し、4年後の完成を目指す。将来的に、滬通鉄道(上海市-南通市)と接続され、上海から塩城等の各地へのアクセスが便利になる。

新たに建設される塩通鉄道は徐宿淮塩都市間鉄道(徐州‐宿遷-淮安‐塩城)の塩城駅から、南向きに塩城市大豊区、東台市、南通市海安県、如皋市を経由して、最終的に滬通鉄道南通西駅までを建設する。新規建設の線路は全長156.6キロ、全線には塩城、大豊、東台、海安県、如皋南、南通西等6駅を設け、線路の技術標準は二軌道の高速鉄道レベルで、設計高速目標は時速350キロである。

塩通鉄道の新規建設プロジェクトは中国鉄路総公司と江蘇省人民政府が共同で建設費用を負担し、投資予算額約262.8億元、建設工期4年の計画で、蘇北鉄路有限公司がプロジェクト法人としてプロジェクト建設と資産管理を担当する。

新たに建設する塩通鉄道は、北は建設中の徐宿淮塩都市間鉄道、連城鉄道(連雲港‐塩城)と接し、南は建設中の滬通鉄道、既存の寧启鉄道(寧波-启東)、長江デルタ都市間鉄道網、計画中の通蘇嘉都市間鉄道(南通‐蘇州‐嘉興)と接続し、中国「八縦八横」高速鉄道網における沿海鉄道ルート、長江デルタ都市間ネットワーク、江蘇省快速鉄道網の重要な構成部分として、徐宿淮塩都市間鉄道、滬通鉄道などと接続する京滬(北京‐上海)鉄道の徐州以南の重要な補助鉄道となる。

新たに建設する塩通鉄道が完成すれば、江蘇省沿海都市間の時空距離を更に縮小し、沿線都市間の交流連携と経済要素の流動性を増進し、中国の沿海発展戦略と長江経済ベルトの発展戦略計画を徹底し、高速鉄道網「八縦八横」における沿海鉄道ルートの構築を急ぎ、長江デルタ地区における都市間のネットワーク構造を整え、区域経済の協調した発展の促進などに役立つ。