• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • 文化活動
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫shanghainews
 
杭黄高速鉄道開通、世界レベルの黄金観光コースを開設
 
2018-12-28
 

12月25日午後8点34分、D9551便列車が杭州東駅からゆっくりと発車した。この列車により、杭州から南昌の高速鉄道「杭州・黄山」区間(以下、「杭黄高速鉄道」とする)が運営開通し、中国東部地区に新たに高速鉄道黄金観光ラインが増設されたことを意味する。

「杭黄高速鉄道」は開通運営後、浙江省西部と安徽省南部間の自然豊かな山間を隔てた「天険」が開通し、浙江省西部の富陽、桐庐、建徳、淳安の高速鉄道開通を実現し、杭州と黄山間の時空距離を大きく縮めた。杭州・黄山間の最速所要時間は1時間26分、上海・黄山間は2時間26分、南京・黄山間は3時間24分である。また、上海・昆明、杭州・寧波、南京・杭州、合肥・福州、南昌・景徳鎮・黄山などの多くの路線もすでに運営に入った、或いは建設計画により高速鉄道を開通する。

「杭黄高速鉄道」沿線の歴史は長く、豊富な人文、観光資源がある。「西湖美景を観賞し、千島湖で魚を食べ、黄山で日の出を観賞し、安徽省の美食に舌鼓」などと称され、「杭黄高速鉄道」では「人間の天国」である杭州、「人間の仙境」である黄山をつなげた。沿線には5A級観光景観エリア7カ所、4A級観光景観エリア50カ所があり、「杭黄高速鉄道」はネットコミュニティを「名都市、名湖、名川、名山」でつなげる世界級黄金観光コースとなる。

「杭黄高速鉄道」の開通を祝して、多くの観光客を引き付けるため、現地の観光エリアでは期間限定の入場料無料、半額を実施している。来年1月「杭黄高速鉄道」の正式な開通日から30日間、上海からの観光客に対して、本人の身分証と千島湖駅までを目的地として3日間の高速鉄道切符で訪れ、千島湖景観エリアを遊覧する場合、入場無料となる。更に、開通日から数えて31日目から90日目までは入場券半額の割引待遇となる。