• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • アート・音楽イベントカレンダー
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫shanghainews
 
2017年上海芸術博覧会11月に浦東世博展覧会に初登場
 
2017-10-31
 

上海文化発展基金会が主催し、アジアの著名な芸術品の盛大な交易会--2017(第21回)上海芸術博覧会が11月2日から5日に上海世博展覧館にて開催される。

今年の上海芸術博覧会の総展示面積は2.5万㎡、アメリカ、ドイツ、イスラエル、チェコ、キプロスなど16カ国から140の画廊が出展し、数千枚の水墨画、油絵、彫刻・塑像、版画、装置、陶器などの芸術品が交易会に出展する。新しい出展には、輝かしい出展物が登場する。

中央美術学院の37名の教師と学生で構成する作品が特別展で初めて大規模に登場する。「チェコ水晶芸術連盟」はチェコで6名のトップクラスの水晶芸術家の作品が登場する。上海自貿区特別展「芸術の道」は多くの上海派書画大師と後継者達の作品が一同に出展され、呉湖帆、謝稚柳、唐雲、陳佩秋など名家の有名なクラッシク作品はコレクターに上海派の発展過程全体を味わさせる。「敬園国際」は台湾の81歳高齢者、張敬景観彫刻大師の作品が光を放つ。「カカデュヴィジョン(KAKDU VISION)」は「大自然」、「家に帰る」を主題に孫家珮、陳强、韋太の3人の芸術家を招待し、油絵、陶器、水彩作品により、芸術が自然と生活に完璧に解けあう。「善怡芸術」は新しい媒体芸術の「芸次元」プロジェクトで、招待したアジア、アメリカから8名の新鋭芸術家による全く新しい体験に浸ることができる。陶器作品の中では、德化白磁器で初の名誉な「中国白」が光を放つ。

国内外の画廊は“国際化”と新しい態勢が現れる。中国の画廊は大量の国外芸術家の作品を扱うようになり、国外の画廊は中国画家作品の代理を行う。例えば、黒龍江省の数十軒の画廊は数十人のロシアとウクライナの芸術家、蛙人芸術代理はロシア系アメリカ人芸術家のVladimir Kushを推薦・紹介している。アメリカのGalerie Simard Bilodeau画廊は中国現代の芸術家金鋒の作品をメインとし、アメリカのBrice Reagan画廊は中国芸術家で趙宏の作品を推薦している等々。中国外国の画廊は海外の芸術作品の中国の芸術市場への参入、中国の芸術作品は国際芸術市場へ向かい、2つの道が有効となっている。

ここ数年流行っているのは境界を越えた芸術で、異彩を放っている。「境界を越えることに敬意を表し•一緒に潮の前へ」のテーマの「芸術百代•朱敬は境界を越える芸術展」は境界を越えるイノベーションで、全場を最大の空間となし、芸術言語と多媒体技術で運用され、伝統的な書道も個性的な創意と文化の魅力を引き出す。

それ以外に、芸術博覧会の“芸術博覧講堂”は今年も精彩を放ち、張五常、曹启泰など著名人ゲストを招待し特別テーマの講演を行う。