• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • 文化活動
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫shanghainews
 
上海宝山国際民間芸術祭、10月28日からスタート
 
2018-10-23
 

地元紙「労働報」では、第10回上海宝山国際民間芸術祭(Shanghai Baoshan International Folk Festival、上海宝山国際民海芸術節)が10月28日にスタートする。同芸術祭は「一般市民の文化祭典で、各家の前に世界中から五大陸の風情」をリアルにフォーカスし、1か月にわたって黄金の秋に、文化の大成果をコミュニティエリアに盛り込み、「大劇場ステージ」を形成すると報じた。

紹介によると、今回の芸術祭は「文之風」、「芸之雅」、「和之頌」という三大イベントに分かれる。「文之風」は一般市民の美しい生活を満たすこと、「芸之雅」は美しいカントリーサイドの表現、「和之頌」は人類運命共同体を芸術共振の中に盛り込むことを狙いとする。そのうち、10月28日オープニングパレードの「十里の祭典、五大陸の風情」の中では、国内・国外芸術チーム12団体、スペシャルゲストの国内芸術団と宝山各街・鎮による「一地一品」民間芸術チームが登場する。また、牡丹江路両側の市民20~30万人に各国と地域のユニークな芸術創造力を感じてもらう。街・鎮「祭の中の祭」では宝山区住民の芸術的センスと精巧な技を披露。宝山区全域12街・鎮が自発的に組織、開催する「一地一品」のユニークな展覧もある。更に、「十歩芳草、百工匠心(様々なところに優れた人材、たくさんの職人魂)」の無形遺産シリーズイベントではアートグッヅバザーの方式で、伝統的な文化・生活用品を現代的なファッショナブルなクリエイティブ製品に変身させる。

1995年に創設された上海宝山国際民間芸術祭は中国共産党ゆかりの「紅色文化」、長江下流以南一帯の「江南文化」、「上海スタイル文化」を一堂に会した民間芸術祭典で、ユネスコ傘下のNGO機関・国際民間文化芸術交流協会「INTERNATIONALE RGANISATION FüR VOLKSKUNST=IOV」のイティン副主席は「この世界に比類のない民間芸術祭だ」と称え、中国全土における第1弾公共文化モデルプロジェクトとして、文化祭では過去に合計延べ250万人の観衆が訪れた。