• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • アート・音楽イベントカレンダー
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫shanghainews
 
古猗園の蓮の花開花、ツインの蓮の花開花現象の確率はわずか10万分の1
 
2017-07-17
 

古猗園で開催されている第5回上海蓮の花・睡蓮展はすでにベスト観賞シーズンに入った。園内のスタッフが南門照壁のある観光スポット内で、蓮の花「白雪姫」がツインの花であることを発見。蓮の花のツイン現象は10万分の1の確率とあって、非常に珍しい。

蓮の花の生長過程では、一般的に1つのつぼみができ、中心部分が分化して、1つの花が咲く。もしも特殊な外界環境条件からの刺激を受けた、或いは内部の特殊異変が起きた場合、1本の茎上につぼみがつき、二つに分化して2つの中心ができ、ツインのつぼみが生長したと見られる。このため1本の茎に2つの花が形成され、2つの花が合わさって開花し、一対の蓮の花托(蓮の実をつける円錐上の基部)となる。これがツインの蓮の花(中国語で「并蒂蓮」Bing di lian)と言われる。「并蒂蓮」は植物の中の「双子」であり、その遺伝子構造は尚も研究中。現時点で複製することはできない。専門家は生長した「并蒂蓮」の蓮根の種と「并蒂蓮」の蓮の実を分けて使用し、栽培実験を繰り返し行ったが、その結果「并蒂蓮」は生長できなかった。「并蒂蓮」は花の中でもかなり珍しいもので、古来より縁起のいい、慶事とされている。