• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • 文化活動
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫shanghainews
 
2018年上半期、上海在住市民の平均収入は32,612元
 
2018-07-18
 

地元情報サイト「東方ネット」の7月17日付報道:7月17日午後、上海市では2018年上海市国民経済動向プレスリリースが開催され、上海市の2018年経済「半年レポート」が発表され、2018年上半期、上海市全域の地方一般公共予算収入は4,476.10億元で、前年同期比6.8%増、財政収入は安定的な増加を示したことがわかった。

上海市統計局の湯匯浩副局長は、サンプルの抽出調査により、上半期、市在住者全員の1人あたりの平均可処分所得は32,612元で、名義上では昨年同期比9.1%増で、価格の要因を控除すると、実際は7.5%増で、増加速度において、昨年同期を0.9ポイント上回り、市全体の総生産額の伸び率を超えたと紹介した。そのうち、城鎮(都市・町)常住市民の1人当たりの平均可処分所得は34,352元で、名義上では昨年同期比9.0%増、価格要因を控除すると、実際は昨年同期比7.4%増であった。農村常住市民の1人あたりの平均可処分所得は17,382元で、名義上では昨年同期比9.2%増、価格要因を控除すると、実際は昨年同期比7.6%増であった。

上半期、市全体では新規就業ポスト数37.74万職位で、昨年同期を3.51万職位上回った。6月末時点で、市全域の城鎮登記失業者数は19.63万人で、昨年同期比2.21万人減少した。