• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • 文化活動
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫ 2019年「春」の印象 上海年間イベント HOME
春

2019夏川りみ上海コンサート

開催日:4月23日
場所:美琪大戯院(奉賢路258号)

2019夏川りみ上海コンサート

撮影 范筱明

夏川りみは「40年ぶりの天才歌手」と称され、その歌声は心に沁みるような癒し系。デビュー以来、彼女は常に濃厚な特殊な民謡調の鼻にかかった澄んだ歌声と沖縄の伝統楽器「三線」による、柔らかく南国の海の場景が浮かぶ無数の楽曲をリリース。レギュラーライブとヴォーカルコンテストで頻繁に多くの受賞経験により、夏川りみは豊富でレベルの高いライブ演奏の実力をもっているため、彼女の音楽の世界により、オーディエンスは移り変わりの激しい心境を体験する。ライブコンサートで高い歌唱力で歌い上げるヴォーカリストを「歩くCD」と言うが、夏川りみはより高度な「歩くレコード」である。ライブコンサートを聴いた多くファンは「永遠に彼女の呼吸音を聞いたことがない」と言う。このほか、夏川りみのライブコンサートでは、アルバムより更に高音の歌声が聴ける。

バレエダンス劇「西施」

開催日:4月3日から4月4日
場所:上海インターナショナルダンスセンター(Shanghai International Dance Centre、上海国際舞踏中心)-大劇場(虹橋路1650号)

バレエダンス劇「西施」

写真はbaiduより

「西施」はステージと小道具のデザイン上で創意が凝らされている。劇全体は赤と黒を基調とした配色で、赤は西施の越国に対する真心を代表し、黒は呉国の覇権を代表する。ステージは多くの屏風から成り、一面の清雅で、趣のある水墨画の世界、一面の濃厚で多彩な赤い蓮を形成。山河が砕かれ、西施は呉王を誘惑し、山水が融合し、これらの屏風は劇シーンの需要と絶妙な組合せと変化に伴い、バレエステージに耽美と趣をもたせたシーンとなる。劇中の蓮の灯篭、団扇、真っ赤なシルクなどの伝統的な民族元素は江南水郷、呉国文化の上品さ、生き生きとしたあでやかさが詳細まで行きわたり、多くのレベルと角度において、広く雄大な歴史的時空をつくり上げている。

フランス若手ヴァイオリニストBrieucVourchリサイタル

開催日:4月1日
場所:上海グランドシアター-ブイックシアター(Shanghai Grand Theatre-Buick Theatre、上海大劇院・別克中劇場)(人民大道300号)

フランス若手ヴァイオリニストBrieucVourchリサイタル

撮影 沈彦璋

フランスパリ出身の若手ヴァイオリニストBrieucVourchが素晴らしい演奏テクニックと曲目に対する芸術感あふれる細部の理解により、ドビュッシー(Debussy)、モーリス・ラヴェル(Maurice Ravel)などの印象派音楽家の作品を演奏する。BrieucVourchはパリ室内楽団の中心メンバーの一員として、カーネギーホール、リンカーンセンター内のエイヴリー・フィッシャー・ホール(Avery Fisher Hall)、シャンゼリゼ劇場(Théâtre des Champs-Élysées)、ラ・セーヌ・ミュージカル(La Seine Musicale)、パリ・フィルハーモニック・コンサート・ホールなどの世界の有名音楽ホールでの演奏経験を有し、フランス音楽ラジオ局、イギリス・クラシックFM、ベルギー第三ラジオ音楽チャンネル、medici.tvクラシック音楽オンラインチャンネルなどにゲストとして登場し、新しい若手演奏家として大活躍中。

オリジナル中国語ミュージカル「聊斋」(Liao Zhai)

開催日:3月28日から3月30日
場所:上海カルチャースクエア(SAIC Shanghai Cultural Square、上汽•上海文化広場)(復興中路597号)

オリジナル中国語ミュージカル「聊斋」(Liao Zhai)

撮影 沈彦璋

「聊斋」時代劇ロックミュージカルはシンガポール実践劇場(The Theatre Practice)の「天冷就回来」と「老九」に次ぐ、オリジナル中国語ミュージカルである。2010年、2016年シンガポール全域で人気ステージとなった上、「聊斋」は2019年、中国で国際ツアー公演を初の開催。実践劇場の芸術ディレクターの郭践紅率いる芸術劇団により、人気番組「中国新歌声2」のシーズンチャンピョンに輝いたシンガポール歌手・董姿彦(Joanna Dong)とシンガポール、マレーシア、台湾のミュージカル俳優16名が悲しく美しいラブストーリーにより、豪快で自由なロックミュージック風の音楽で、人とゴーストの時代を超えた愛情の縁を表現している。

トビアス・レーベルガー(Tobias Rehberger):「あなたの目で見ようとしなれば、あなたを泣かせたりもする」(If you don’t use your eyes to see, you will use them to cry、如果你的眼睛不用来看,就会用来哭)

開催日:3月23日至5月26日
場所:上海外灘美術館(Rockbund Art Museum)(虎丘路20号)

トビアス・レーベルガー

写真はrockbundartmuseumより

上海外灘美術館は世界著名のドイツの芸術家トビアス・レーベルガー(Tobias Rehberger)の中国初個展「あなたの目で見ようとしなれば、あなたを泣かせたりもする(仮名)(If you don’t use your eyes to see, you will use them to cry)」が開催される。トビアス・レーベルガーの多元的な創作は塑像の可能性をデザイン、建築、コンセプチュアルアートなどの多くの分野まで延伸している。今回の展覧会では同氏が特別に上海外灘美術館向けにカスタマイズ化した全く新しい委託作品と大型フィールドインスタレーション数点を展示する。一連の視覚的錯覚による物品と環境の創造を通して、トビアス・レーベルガーは新しい生産技術と社会関与形式を引き続き開拓し、人々がどのように空間のインタラクティブし、日常生活と芸術の間の関係を感知するかを模索する。

展覧•アーティスト・テキスタイル ピカソからアンディ・ウォーホルまで(Artist Textiles Picasso to Warhol、時尚印迹:从毕加索到安迪•沃霍爾)

開催日:3月1日から5月5日
場所:藝倉美術館(滨江大道4777号)

展覧•アーティスト・テキスタイル ピカソからアンディ・ウォーホルまで

写真は百度より

今回の展覧会ではロンドン・ファッション・アンド・テキスタイルミュージアム(Fashion and Textile Museum)がこれまで最も人気を集めたワールドツアー展である。博物館は2014年同展を開催し、20世紀の世界で最も影響を与えたアートの巨匠十数人が手掛けたテキスタイルデザイン作品を展示する。2019年春、ロンドンファッション・アンド・テキスタイルミュージアムは今回アジアのファッションの都「上海」で同展を開催。展覧会では現代芸術の巨匠、ピカソの未公開作品約10点も展示される。

東京富士美術館コレクション展

開催日:即日から4月30日
場所:宝竜美術館(PowerLong Museum)(漕宝路3055号)

東京富士美術館コレクション展

写真はpowerlongmuseumより

今回の展示品は、西洋芸術史の典型的な芸術流派の絵画作品をパーフェクトに進化させ、壮美な西洋芸術史と称えられた。ルネッサンス(文芸復興)、バロック様式、ロココ様式、写実主義、古典主義、新古典主義、ロマン主義、リアリズム、印象派、ポスト印象派、最後にコンテンポラリー、ポスト・コンテンポラリーまで延伸する。「個性の提唱と個性の崇拝」「スタイルの追求と感情の表現」、「理性の強調とロマンの描写」、「現実追求と色彩重視」、「コンセプトの革新と多元的主張」の表現が西洋芸術500年の紆余曲折した発展プロセスを解説し、芸術家の筆跡を通して、西洋絵画の秘密を更に具体的に探究する。

2019上海錦江楽園ダンシング・フォックス・ライティング・カーニバル(Dancing Fox Lighting Carnival、舞狸灯火嘉年華)

開催日:2019年1月25日-4月7日
場所:上海錦江楽園

2019上海錦江楽園ダンシング・フォックス・ライティング・カーニバル(Dancing Fox Lighting Carnival、舞狸灯火嘉年華)

写真は錦江楽園より

ロマンチックな「ダンシング・フォックス・ライティング・カーニバル(Dancing Fox Lighting Carnival、舞狸灯火嘉年華) が遊園地の「上海錦江楽園」で開催されている。芸術ムードと現代と伝統的なランタンにより、アートステージ、クリエイティブバザー、アトラクション施設もあり、更に、寒い冬に心も温まるグルメもある。国家無形文化遺産の自貢灯会(ランタンフェスティバル)、昔から多くの人々が美と楽しさを味わってきた。同カーニバルの伝統的なランタンセットは国内の無形文化遺産技術を伝承している自貢の職人自らの手作り。数千個の改良型ランタンセットから成る灯篭マトリックスは高さ15メートル、長さ50メートルの「盤竜灯」が新しい一年に「豚年」にちなんだ「豚の貯金箱」灯篭を象徴し、絶対にインスタ映えする撮影スポットとなる。このほか、錦江楽園では火山シアター、モーターディスコ(摩托迪士高)、モノレールバイク、海賊船などのアトラクションプログラムもみんなを待っている。

飛行モデル INFINITY

開催日:即日から3月31日
場所:上海Kikyo Space芸術スペース(田林路140号越界創意園区9号楼)

飛行モデル INFINITY

写真はmoreticketsより

我々にとって言えば、芸術は未知の世界のある種の冒険である。未知の惑星の探求は芸術と文明の自由なぶつかり合いである。飛行モデルをスタートし、現実世界の束縛から逃れ、固有の思考の枠組みを打ち破り、想像という空間を発散し、この自由奔放な想像の世界に進入し、無限の芸術を探求しよう。自由な方式でこの芸術という惑星を見て、不思議で奇異幻想的な旅をスタートさせる。

「SOBER Animals」(「正経動物園」)イマーシブ式テーマ体験展

開催日:即日から3月24日
場所:L+Mall陸家嘴中心(浦東南路899号)

「SOBER Animals」(「正経動物園」)イマーシブ式テーマ体験展

今回の展覧会ではクリスマス、ニューイヤー、春節、バレンタインデーの四大祝祭日にわたって開催。数百頭(匹)の不思議な動物たちが無数のカードインタラクティブストーリーのシーンをつなげる。これと同時に、公益動物保護団体、流行ブランドと連携しこれらのシーンに密かにカラーエッグが埋蔵され、動物のトリヴィアの秘密を解き明かす。徹底的に従来の動物遠の定義を大逆転!主催者側は展覧会のシーンの不思議を感じてもらうだけでなく、この展覧会を通じて正真正銘、地球の住民である動物たちの切実な境遇を皆に呼び掛ける。

大型展覧「WAVELENGTH:花花世界」

開催日:即日から3月17日
場所:静安区南京西路789号興業太古匯(HKRI Taikoo Hui)

大型展覧「WAVELENGTH:花花世界」

写真はmoreticketsより

興業太古匯は伝統的な旧正月・春節の花市にインスピレーションを得て、国際コンテンポラリィアートシリーズ展覧ブランドWAVELENGTHと連携し、「花花世界 愛混敢嗲Dare For More•Dare to BLOSSOM 」を主旨とし、イマーシブ式アート体験の大型展覧会「WAVELENGTH:花花世界」を開催。生き生きとした花々、様々な色彩で、新春に家族総出で鑑賞するのにぴったりな「Dare For More•Dare to BLOSSOM」アートの世界は、皆に多くの楽しさを添える新しい選択肢となる。国際化の「フラワー」アート体験と「フラワー」式新春の祝福を提供する。

展覧会はイマーシブ式体験空間18カ所を設定し、一連の分野を越えたインスタレーション作品でコンテンポラリィアートを手掛けるクリエーターによる社会、自然に対する独特な感じ方と見方を表現した。多様化する新型芸術創作媒体と手段により、デジタル化された社会の中で、芸術家が人類、空間、自然との関係を模索し、生存現状と未来を想像する。これらのアートインスタレーションはマルチメディアのクリエイティブランゲージにより、テクノロジー、自然、エコロジーと人との今後の関係を多元的に探究し、入場者に転覆的イマジネーションを与え、ほかとは違う「芸術新年」をスタートさせる。

2019年金山いちご祭

開催日:2019年1月12日-3月8日
場所:金山区

2019年金山いちご祭

撮影 范筱明

金山いちごは約30年にわたって生産され、いちごに適した土壌と気候、丹精込めて管理された栽培により優良品質と独特の風味が特徴。2019年、金山いちごの栽培面積は2,000ムー(約134万平方メートル)で、「紅顔」、「章姫」、「天仙醉」、「白雪公主」などの多くの品種がある。2019年、金山いちご祭は引き続き3月まで開催される。妖艶でジューシーな金山いちごは、見た目も美味しそう。食べると更に美味。フォトコンテスト、いちご品評会イベントのほか、家族でいちご好きな子どもたちと一緒にいちご狩りを楽しみ、いちご団子、いちごスイーツを一緒に手作りし、「家族団らん」で、甘い、甘い「豚年」を迎えよう。いちご狩りと同時に、美しい田園風景を観賞し、地元のおいしい農家の郷土料理に舌鼓。新春のベストシーズンに心も体も大満足。

東方明珠テレビ塔「2019迎春登高」イベント

開催日:2019年1月1日
場所:東方明珠広播電視塔(東方明珠テレビ塔)

東方明珠テレビ塔「2019迎春登高」イベント

撮影 沈彥璋

1,000人を超える選手が「ニューイヤー東方明珠登高マラソン」に参加する。各参加選手は無料チップにより自己の登高マラソン成績を記録する。

上海タワー「ニューイヤー初日の出」迎春イベント

開催日:2019年1月1日
場所:上海タワー(上海中心大厦)118-119階観光庁

上海タワー「ニューイヤー初日の出」迎春イベント

上海之嶺観光庁においてニューイヤーサイン、上海の初日の出をバックに記念撮影イベント、更に小蛍星児童合唱団による合唱コンサートなどもある。

カウントダウン迎春鐘つき「竜華」年越しイベント

開催日:2018年12月31日夜
場所:竜華寺

カウントダウン迎春鐘つき「竜華」年越しイベント

歴史の長い「竜華寺の梵鐘」の音色を聴きながら、熱々の年越し麺を食べて、全世界の「愛と平和」を願い、新たな気持ちで新年の幸福を願おう。

トリビュート・トゥ・ダ・ヴィンチ(TRIBUTE TO DA VINCI)、世界の光と影の芸術体験大型展

開催日:即日から2019年3月3日
場所:浦東新区世紀大道100号上海環球金融中心(Shanghai World Financial Center)4F陸家嘴金融城環球芸術空間

トリビュート・トゥ・ダ・ヴィンチ(TRIBUTE TO DA VINCI)、世界の光と影の芸術体験大型展

写真は百度より

2019年はダ・ヴィンチ逝去500周年にあたり、イタリアダ・ヴィンチ博物館が企画した「トリビュート・トゥ・ダ・ヴィンチ」世界の光と影の芸術大型展が上海やってきた。この展覧会では世界の先進的なニューメディアによる視聴覚を刺激するデジタルテクノロジーにより、驚きのイマーシブ式展覧鑑賞体験を与える。約2,000平方メートルに及ぶ展示面積を、油絵展示コーナー、デッサン展示コーナー、実物展示コーナー、イマーシブ式映像鑑賞コーナー、5Dシアター、VR体験とダ・ヴィンチの不思議で奇妙なハウスなど9つのユニットを設置。油絵展示コーナーでは入念に厳選したダ・ヴィンチ作の油絵作品約10点を展示・解読し、巨匠と時空を超えて対話する。

PIECE OF PEACE-LEGO世界遺産展・中国大陸初展

開催日:即日から2019年2月24日
場所:普陀区大渡河路196号長風大悦城(JOY CITY)

PIECE OF PEACE-LEGO世界遺産展・中国大陸初展

「レゴの世界遺産展」(World Heritage Exhibit Built with LEGO Brick)中国大陸初展が長風大悦城(JOY CITY)に登場した。主催者は41万個以上のレゴブロックを使用し、世界28の国と地域の世界遺産をレゴ模型40セットで製作した。展覧会開催期間中、楽高(中国)は更にレゴランド・ディスカバリーセンター・上海(LEGOLAND Discovery Center Shanghai)と連携し、新しい工夫を凝らしたクリエイティブフラッシュショップをオープン。多くの特別シリーズのレゴ模型も店内いっぱいに陳列されている。ディズニーランド、ハリーポッターなど、長風大悦城2階の中庭でレゴランド・ディスカバリーセンターにおいて更に多くのサプライズもある。

栄光と伝奇:ナポレオン特別展

開催日:即日から2019年2月28日
場所:浦東新区櫻花路869号上海喜瑪拉雅美術館

栄光と伝奇:ナポレオン特別展

上海喜瑪拉雅美術館(Shanghai Himalayas Museum)がフランスChalençon Collection と連携して現在最大規模のナポレオン展覧会を開催中。展覧会はナポレオンのコルシカ島の少年時代から戴冠式により皇帝となるまで、更にセント・ヘレナ島に島流しされるまでの50年以上の波瀾万丈の人生をめぐり、更に強烈に比較対照される現代芸術家作品を叙事詩で展開する。展示品185点はそれぞれナポレオンをテーマとした絵画・塑像、ナポレオンの貴重な手書き原稿、文書、身につけた服飾、貴重な装飾品、軍事遠征用品、更に彼の家具、日用品などの貴重な文化財で、各展示品はいずれもナポレオン独特の歴史的記憶をもたらす。

千文万華——中国歴代漆器芸術展

開催日:即日から12月24日
場所:上海博物館(人民大道201号)

千文万華——中国歴代漆器芸術展

2018年最後を飾る二つの特設展の一つとして、「千文万華―中国歴代漆器芸術展」が11月16日、上海博物館で開幕した。今回の展覧会は多くの時代と工芸に及び、上海博物館初の同館による漆器コレクションを系統的に、完全に展示する。上海博物館の歴代漆器約200点を厳選し、浙江省博物館、常州博物館、福州市博物館、大同市博物館などの関連博物館に収蔵されている貴重で重要な出土漆器も若干展示される。上海博物館の今回の漆器芸術展は前回開催された漆器展から約40年ぶりの展示となる。

ステージ•英国TNTシアター「ロミオとジュリエット」

開催日:2019年1月19日から2019年1月20日
場所:黄浦劇場-中劇場(北京東路780号)

ステージ•英国TNTシアター「ロミオとジュリエット」

撮影 範篠明

「ロミオとジュリエット」の中にある多くの感情表現のイメージと感情表現形式は著者ウィリアム・シェイクスピアのその他の悲劇の中にはなく、男女の主人公は1曲の感情につきまとう青春の謳歌を奏でている。この純粋で、美しい愛情と理性、法と社会責任などの浮世の価値観は相対立しているが、男女の主人公は死の中でこの世では難しい恋愛感情を実現し、青春と愛情の巨大な力を表現し、両家の家族の憎しみを解消した。シェイクスピアは詩情化した筆跡により、悲愴にくれる死によってまぶしくきらめくヒューマニティを描き、ロマンあふれる旋律を共鳴させた。

展覧「建築を描く/建築画」

開催日:即日から12月16日
場所:香港大学上海学習中心(北蘇州路298号)

展覧「建築を描く/建築画」

写真は豆瓣より

今回の展覧会はロシア系ドイツ建築家、アーティスト、コレクターのセルゲイ・チョーバン(Sergei Tchoban)氏の芸術創作に焦点をあてる。この建築家が創作した50点にわたった都市の幻想的な絵画作品を集め、歴史と文化をベースとした豊富さ、これらの都市の過去、現在と未来を歩む深刻な個人の思考を表現する。展覧会は同時に5つの建築プログラムを含む。彼が最も愛した都市であるサンクト・ペテルブルク、ローマ、アムステルダム、ヴェネチア、ベルリン、ニューヨークの5カ所をプログラム化。これらのプログラムは博物館2館、展覧館2館、シアター1会場の設計を含む。

濱江みかん狩り祭

開催日:10月13日から11月15日
場所:上海濱江森林公園
入場料:20元

濱江みかん狩り祭

撮影 範篠明

10月13日から11月15日、32日間にわたって濱江みかん狩り祭(濱江柑橘采摘節)が開幕した。みかん園を歩くと、広さ40ムー(約2.7万平方メートル)にわたったみかん畑には、たくさんのみかんがずっしりと重い果実を枝いっぱいに実らせている。飽満なみかんが枝先につらなり、入園者の目を引いている。

園側は、次のように紹介する。

「上海濱江森林公園は上海市全域の公園のうち、唯一エコロジーで、公害のない柑橘林をオープンし、みかん狩りイベントもすでに11周年を迎えた。園内にある2,000本以上のみかんの木、更に公園の前身「三叉港苗圃」で栽培されていた、みかんの品種「宮川」もある。技術員は園内のみかんの木は科学的に生育され、みかん木の成長過程において有機肥料を追加し、多くの市民にグリーンでヘルシーなみかんを味わってもらいたい。観光客は園内でみかん狩りを楽しむと同時に、その場で食べることもできる。」

みかん狩りプログラムの単独入場料は1人当たり20元で、みかん5斤(2.5キロ)の収穫が可能。それ以上もぎとった場合は、その超過部分を1斤(500グラム)当たり4元の価格で販売する。

「蝶舞申城」上海動物園第6回チョウチョ展

開催日:9月28日-11月11日
場所:上海動物園
入場料:当日会場で40元/オンラインチケット38元

「蝶舞申城」上海動物園第6回チョウチョ展

写真は上海動物園公式サイトより

紹介によると、上海動物園第六届蝴蝶展は地元上海市の郷土のチョウチョの生態と文化、中国本土の養殖チョウチョ類とチョウチョときっても切り離せない多種の植物を重点的に紹介する。「蝶舞申城」(Butterflies Fluttering Shanghai)をテーマとして、「チョウチョの花園」と題したチョウチョの生活環境の構築を通して、活きているチョウチョの放飛と幼虫が蝶になるまでの成長過程を展示。チョウチョの花畑と化した美しい環境の中に身を置くことができる。イベント期間中、バラエティ豊かなユニークな科学普及展覧を開催し、たくさんの学びながら楽しむ科学普及インタラクティブイベントを実施する。入園者に絶妙に美しい視覚と臭覚、聴覚と触覚体験を提供し、大都市の動物園をモチーフに、環境に関心をもち、大自然を保護するため、「生物多様性(Biodiversity)」の不思議な美しさを感じてもらう。

ステージ「ザ・コーラス(Les Choristers)」フランスサンマルク少年少女合唱団(Les Petits Chanteurs de Saint-Marc)上海コンサート

開催日:11月16日
場所:東方芸術中心(Shanhai Oriental Art Center)-音楽庁(丁香路425号)

「ステージ「ザ・コーラス(Les Choristers)」フランスサンマルク少年少女合唱団(Les Petits Chanteurs de Saint-Marc)上海コンサート

写真は上東方芸術中心公式サイトより

2004年、世界中の人々を感動の渦に巻き込んだ映画「ザ・コーラス(Les Choristers)」。この映画は2004年フランスワールドアワードベスト映画賞とアカデミー賞ベストオリジナル音楽にノミネートされ、同年フランス映画興行収入で第1位となった。映画の中の合唱団の子役たちはフランス全国から監督自らがオーディションしたフランスリオンのサンマルク少年少女合唱団(Les Petits Chanteurs de Saint-Marc)。合唱団の指揮Nicoias Porte氏は同時に映画の中の音楽チーフプロデューサーでもある。映画の世界的上映という空前の大成功に伴い、このオリジナルサウンドトラックアルバムは200万枚を超えるヒットとなった。

GUCCIxマウリツィオ・カテラン(Maurizio Cattelan)
「アーティストはここにいる」展覧

開催日:即日から12月6日
場所:余徳耀美術館(豊谷路35号)

GUCCIxマウリツィオ・カテラン(Maurizio Cattelan)
「アーティストはここにいる」展覧

写真は余徳耀美術館公式サイトより

今回の展覧会は「複製(コピー)は即ち創造である」を中心的なコンセプトとして、世界中からアーティスト合計30名以上の作品を展示し、模倣と複製(コピー)を世界の文化模範例に納入するアーティストプログラムを重点的に展示する。オリジナリティ、クリエーションと意図、表現方式などアートの原則に疑問を掲げる。イタリアの芸術家マウリツィオ・カテラン(Maurizio Cattelan)がキュレーターを担当し、イタリアブランドGucciが支援。展覧会名称「アーティストはここにいる」は2010年パフォーマンスアーティストのマリーナ・アブラモヴィッチ(Marina Abramovic)がMoMAの個展テーマ「アーティストはプレゼントである(The Artist is Present)」をベースとした。のっけから「アーティストはここにいる」は標題の流用を応用。展覧会の宣伝上で、キュレーターのカテラン氏は彼女の宣伝ポスターの流用を通して、見たことのある画面と標題を様々な都市の場景の中に置き、宣伝の形式の制限を打ち破った。カテラン氏は、次のように言及する。

「流用行為は一種のクリエイティブ行為であるかもしれない。オリジナル作品と同様の芸術的価値がある。」

デビッド・オライリー(David OReilly)上海初展「Eye of the Dream」

開催日:11月6日から11月25日
場所:零時芸術空間(〇 Art Center)(莫干山路50号3号楼210室)

デビッド・オライリー(David OReilly)はアイルランドで生まれ育ち、その後ロサンゼルスに数年移り住み、現在は東京に拠点として活動する芸術家で、アニメーターとゲームデザイナー。デビッドの多くのショートアニメはベルリン映画祭(Internationale Filmfestspiele Berlin)の最高賞「ゴールドベア賞」、ヴェネチア映画祭プレミアなど多くの賞を受賞している。過去にシリーズアニメ「アドベンチャー・タイム」(Adventure Time)のシナリオ制作と演出、制作に参加した経験をもつ。今回、上海で行われる展覧会はデビッドの最新作品と彼のショートアニメを展示する。展覧会の中で多くの特殊効果やインタラクティブなどを組み合わせて、展覧会開幕当日、デビッド本人が現場に登場し、即興ゲームのインタラクティブステージも行われる。

隈研吾の材料研究室

開催日:即日から11月30日
場所:虹橋国際展匯(申昆路2377号)

ニューマテリアルに出会うことは新時代の開始を意味する。皆も知ってのとおり、建築は材料で構成され、その材料は建築の最終属性を決定する。しかし、材料は20世紀に軽視されていた。当時、人類と材料は一刀両断にされていた。この種の切断された関連性を復活させるため、隈研吾(Kuma Kengo)氏と同氏のチームは常に努力している。材料は生命的である。その奥深さを知ってこそ、あらゆる策を講じて抵抗することができる。一つの作品の完成には難題を残し、再確認が必要である。また、徹底的に消化してこそ、新しい作品が誕生することができる。今回の展覧会で表現するのはこの種の苦悩の連続である。一つの運動的な全体の保留を通して、その関連性を依然として引き継がせる。

2018年上海ハッピーバレー国際マジック祭

開催日:10月1日—10月7日
場所:上海歓楽谷(Shanghai Happy Valley)

2018年上海ハッピーバレー国際マジック祭

今年、上海ハッピーバレーでは秋の二大祝賀イベント「国際マジック祭」(10月1日から7日)とハロウィンにちなんだ「万聖潮玩季」(10月4日から11月11日)を開催し、「魔都・上海の10月、ダブルの魔力祭」を登場させる。入園者は全く新しい「秋の遊び」を体験できる。10月1日から10月7日、上海ハッピーバレーの国際マジック祭(国際魔術節)では「国際マジック祭、魔力の狂騒曲」をテーマとして、アメリカ大陸、ヨーロッパ大陸、アジアの6つの国と地域から有名マジシャン約20名をゲストに一年に一度のマジックショーを開催。10月4日—11月11日、上海ハッピーバレーの「万聖潮玩季」では「第五の人格に会ってみよう」をテーマとし、「網易(Net Ease)」の人気モバイルゲーム「第五人格」と密接に連携し、400平方メートルに及ぶゲームの実際シーンを再現したお化け屋敷を設置し、オフラインのインタラクティブ体験コーナーを構築し、ゲームの実際シーンを精巧に復元した。このほか、低年齢の入園者に人気の高い十大「お化け屋敷」、九大「妖怪ショー」、八大「インスタ映え」撮影スポットもグレードアップして大公開。全く新しいハロウィンのフリーマーケット「万聖潮玩市集」、コスプレパーティ、ハロウィンアニメ祭など見どころたっぷりの内容で、上海最大、最流行の、最高に楽しいハロウィンにちなんだトレンド場所となる。

「エキサイトな夜」天馬サーキットアクロバットショー

開催日:10月1日—10月7日、19:15から20:30まで
場所:上海天馬賽車場(Shanghai Tianma Circuit)

「エキサイトな夜」天馬サーキットアクロバットショー

撮影 範篠明

天馬サーキットの「エキサイトな夜」は上海力盛賽車文化股份有限公司がこのイベントために設計したサーキットコースと中国の京劇要素を取り入れた大型オートアクロバットステージショー。車とオートバイによるアクロバットショーを融合し、中国古代の素晴らしい文化要素を組み合わせて、サーキットでのアクロバットの躍動感と激しさを表現すると同時に、ロマンティックで、スリリングな見ごたえも、聴きごたえもある盛宴である。10月1日の国慶節連休期間、一連の割引キャンペーンも実施する。

2018「辰山秋韵」フラワー・フルーツ展

開催日:9月28日—10月21日
場所:上海辰山植物園

「エキサイトな夜」天馬サーキットアクロバットショー

数万平方メートルにわたった花畑、10種類以上のめずらしいウリ科のフルーツと園内外の様々なスタイルで演奏するバンドステージなど。フラワー観賞で、人生を満喫する。半月にわたって開催されるテーマ「フラワー・フルーツ展(花果展)」は植物園の豊作・歓楽シーンを表現し、花はヒマワリをメインとして各種のキク科植物を、フルーツはウリ科のツル植物アーチ、専門の菜園では唐辛子をメインとした色とりどりの野菜と温室の熱帯フルーツがある。「音楽+景観+インタラクティブ」のモデルで、入園者に様々な秋を感じてもらう。

2018年第19回上海千名老人「重陽節」佘山ハイキング

開催日:2018年10月17日
場所:佘山国家森林公園東佘山園

2018年第19回上海千名老人「重陽節」佘山ハイキング

撮影 王祖光

「重陽節*」佘山ハイキングイベントは高齢者の健康チームの風采展示(太鼓チーム、腰で固定した小太鼓「腰鼓」チーム、各種の健康体操ステージ)、ハイキング式典、ハイキングイベントなどを含む。今回のハイキングは、上山台階→木桟道→焼烤区(BBQエリア)→観光塔→下山道→汽車道→東佘山园南大門口に戻るコースである。
*重陽節―旧暦9月9日の節句で、今年は10月17日に当たる。9(JIU)が二つ重なるところから、高い所に登る、9に発音が似ていることから、菊(JU)の花を愛でるなどの風習がある。

秋·思 名作家・名作の朗読コンサート上海ツアー

ステージ開催日:10月27日から10月28日
場所:東方芸術中心(Shanghai Oriental Art Center)-音楽庁(丁香路425号)

秋·思 名作家・名作の朗読コンサート上海ツアー

撮影 张锁庆

昨年の中秋に初演を迎え、上海にセンセーションを巻き起こした「秋·思」名作家・名作朗読コンサートは一年間の研究を経て、今秋、東方芸術センター音楽ホールで再び特大陣営で、現代的な制作による、深みのあるグレードアップバージョンで開催される。中国全土の一流作家が再び連携し、中国内・海外の芸術名作26作品の演出により、秋を詠い、秋を詠み、秋を思い、秋の情を愛でる。「秋は第二の春」という全く新しい着想により、人生の文化的自信を開花させる。

Sam Smith痛快世界ツアー上海コンサート

演出開催日:10月23日
場所:梅賽徳斯-奔馳文化中心(Mercedes-Benz Arena)(世博大道1200号)

Sam Smith痛快世界ツアー上海コンサート

音楽的な高いセンスと豊な感性をもつ、グラミー・アカデミー賞のダブル受賞を果たしたサム・スミス(Sam Smith)が中国でコンサートを開く。ファン待望の中国初公演。ユニークな溢れんばかりの活気と感性を備えた音楽界の神童から、若くしてグラミー賞4冠と全英ミュージックアワード2冠を一挙に受賞した記録をもつ。独特の歌唱力と創作的才能を備えるサム・スミスは中国ファンから絶大な支持を得ている。

ニューヨーク・シティ・バレエ団「All Balanchine(巴蘭欽之夜)」

演出開催日:10月18日至10月21日
地址:上海大劇院(Shanghai Grand Theatre)-大劇場(人民大道300号)

ニューヨーク・シティ・バレエ団「All Balanchine(巴蘭欽之夜)」

ニューヨーク・シティ・バレエ団(New York City Ballet)は常設演目150プログラム以上を保有し、世界で最も重要なバレエ団の一つである。これらの演目のうち大多数が同バレエ団独自で創作した現代名作である。バレエ団の振付師ジョージ・バランシン(George Balanchine)氏とニューヨークミュージック・ドラマセンターの舞踏評論家リンカーン・カースタイン(Lincoln Stein)氏が1948年に共同で創設し、純粋な新古典主義により世界的に有名となり、今もなお、多くのファンから強烈な共鳴を受けている。

オリジナルバレエ劇「閃閃的紅星(Bright Red Star)」

演出開催日:10月24日至10月28日
場所:上海国際舞踏中心(Shanghai International Dance Center )-大劇場(虹桥路1650号)

大型オリジナルバレエ劇「閃閃的紅星(Bright Red Star)*」は上海バレエ団(上海芭蕾舞団)が「白毛女」に次ぐ中国共産党の革命を題材とした大型バレエ劇である。このストーリーの手掛かりは皆が良く知っている銀幕スターをめぐって、初めて成年になった潘冬子の視点から記憶をたどり、苦難の中で成長する。母親を失ったがより多くの母親を救い、より多くの家庭を守るため勇敢に戦う紅軍戦士のイメージを描いている。
*閃閃的紅星―1974年に撮影された映画。登場人物は10歳の潘冬子。冬子の父は紅軍に入隊し自身も紅軍に憧れを抱いていた。敵の兵隊から母を殺害された悲惨な経験をきっかけに、母の復讐のため紅軍の入隊を誓う。

GAMEBOXイマーシブ式ゲームアート展(Immersive Game Art Exhibition)

開催日:即日から10月14日
場所:興業太古匯南花園(HKRI TAIKOO Hui)(南京西路789号)

電子ゲームは一種の重要なメデェアとして、我々の生活の中に浸透し、アートクリエートのニューメディアとなっている。従来型の電子ゲーム体験モデルから離脱し、超想像のイマーシブスペースに進入して、五感体験を拡大する。出展団体のアウトプット(OUTPUT)は、グローバルデジタルアートを発掘する美しいビジョンから出発し、ゲーム分野に進入して、最も美学的、芸術価値のある作品をセレクトした。

超時空画像展

開催日:即日から10月21日
場所:上海多倫現代美術館(Shanghai Duolun Museum of Modern Art)(多倫路27号)

人は存在の体験に対して実際、時間と空間に関する意識の中で絶えず展開し、時間と空間に関する観念は人類の知識の累積とテクノロジーに伴い、更に転換と発展を続ける。超時空画像とは芸術家の作品が終始時空の意識とロジックを打破して製造した新しい画像であり、これらの新しい画像の出現は見る人に現実に照らし合わせた新ルートを提供する。今回の展覧会に出展する5人の芸術家は、画像による創作の角度を糸口として各者が様々に展開し、彼らが創り出した「超時空画像」は我々が常に受け入れている多くの空間と時間の概念、これらの概念に付随する価値観と衝突する。

世紀の名作コレクション——上海博物の根源を探る

開催日:即日から10月21日
場所:上海歴史博物館(南京西路325号)

世紀の名作コレクション——上海博物の根源を探る

上海歴史博物館 提供

同展覧会は亜洲文会(Royal Asiatic Society)上海博物院がかつて収蔵していた代表的な獣類標本83点、人類学標本7類、文献図書資料17本を厳選して展示し、旧文化財コレクションとその類似する古代芸術品合計44点をセレクトした。これらの貴重な収蔵品は上海市が中国で最も早く博物館を所有した事実を裏付けるもので、当時の亜洲文会上海博物院の収蔵研究概況を垣間見ることができる。