• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • アート・音楽イベントカレンダー
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫ 2017年「春」の訪れ 上海年間イベント HOME

2017世紀公園「梅の花観賞」遊園会

開催日:即日から3月20日
住所:浦東新区芳甸路666号


世紀公園の梅園では紅、緑、ピンク、黄、白の梅の花が色とりどりに咲き、春満開のパーティーと化している。世紀公園梅の花展示エリアでは梅園四大景観コーナー、箟愉園梅の花鉢植え景観展示コーナー、「歳寒三友」ミニ景観で構成されている。全ての梅の花展示期間、箟愉園内では各種の珍しい梅の花、蠟梅の鉢植え約500鉢を展示し、入園者はゆっくり観賞することができる。今回の「梅の花観賞」遊園会では更に国内で有名なフラワーアーティストの作品を展示する。このほか、梅花生け花展「梅開福来(梅の花が咲いて福が来る)」、中国歴代陶磁器十二支テーマシリーズ展「金鶏迎春」、新春無形文化民俗展、科学普及生態展「蘑力屋」なども同時に開催中。

2017上海梅花祭

開催日:即日から3月26日
住所:奉賢区随塘河路1677号


今年の春、126品種、約4万本の梅が海湾国家森林公園で満開となり、入園者の体にも花の雪が舞い降りている。豊富で多彩な文芸ステージは遊園の見逃せないイベントの一つ。今年の主題は「上海スタイルの要素が集合、伝統文化の盛宴」である。梅花祭開催期間、各週末は梅園大舞台でステージが行われ、そのステージテーマも随時変化する。今年は豊富な入園者とのインタラクティブイベントも用意。「ベストテン梅の花観賞」投票、新春祈福(福を祈る)、親子カーニバル「凧揚げお絵かき」(梅の花をテーマにDIY)、梅の栽培方法、植樹などがある。

莘庄公園梅花展

開催日:即日から3月10日
住所:(莘庄公園)閔行区莘庄鎮莘浜路421号、(莘庄梅園)虹莘路688号


莘庄公園の前身はプライベートガーデンだった。園内には400本以上の梅が栽培され、すでに多くの品種が開花している。今回の梅花展は莘庄公園と莘庄梅園のステージに分かれ、中国の伝統的な十二支の主題と組み合わせている。園内には、「咏梅」、「墨梅」、「豊収日(豊作日)」、「金鶏報春(金鶏が春を告げる)」、「子鶏快跑(小鶏が走り回る)」、「梅之韵」等の園芸作品を設置している。

金鶏の年、大自然との約束
「金鶏が春を告げ、吉「象」如意」春節テーマイベント

開催日:1月1日-3月14日
場所:上海野生動物園


今年の春節、上海野生動物園内ではテーマイベント「金鶏が春を告げ、吉「象」如意」を開催する。華東地区最大のアジア象の群れを保有する動物園として、同園では春節期間15頭のアジア象の群れが大人気。このほか、酉年にちなんで「金鶏(キンケイ)」の到来もある。園内では新たに飼育されているキンケイ(中国名:紅腹錦鶏)、ギンケイ(白腹錦鶏)、アオミミキジ(藍馬鶏)、ミミキジ(褐馬鶏)などさまざまな品種のキジやニワトリがあでやかな羽毛をまとって舞い動き、華やかさを競い合っている。

2017世紀公園の梅の花観賞遊園会

開催日:1月20日-3月20日
場所:世紀公園


梅の花は世紀公園がメイン栽培している花卉の一つで、長年にわたって栽培され、すでに珍しい梅の花もあり、単独の杭にみたてられた古いロウバイ、世紀公園梅園で発見され命名された東方朱砂、三輪小粉、早咲き梅花・桃の花などを観賞することができる。

「金鶏が春を告げ、子パンダ3頭が新年を祝う」テーマイベント

開催日:2017年1月1日-3月14日
場所:浦東新区上海野生動物園


2017年1月1日から3月14日まで、上海野生動物園では「金鶏が春を告げ、子パンダ3頭が新年を祝う」というテーマイベントを開催。愛くるしいジャイアントパンダの赤ちゃん3頭「花生(ピーナッツ)」とふたごパンダの兄妹が新装したパンダ館に登場し、かわいさを振る舞い皆の到来を待っている。

第11回上海ビエンナーレ

開催日:即日から3月12日
場所:上海当代芸術博物館


上海ビエンナーレは1996年に設立され、中国国内の初の国際コンテンポラリーアートのビエンナーレである。21年間にわたって、高い学術性とイノベーション性を趣旨として、開放した観察視野で、グローバル化した言語環境の中での文化交流とイノベーション方向に注目し、国際的な重要な芸術交流と展示プラットホームである。現在、インターコネクトされたグローバル言語環境の中で、第11回上海ビエンナーレでは「南南協力(SSC)」の可能性を模索し、東西分野を超えた、発散性の高いアート世界の表現を意図とする。

ステージ「魔笛のストーリー」

開催日:3月18日
場所:上海保利大劇院(白銀路159号)


「魔笛のストーリー」は今最も生命力のある楽団「上海馨田交響楽団」が演奏する。彼らの音楽的表現力、感染力はユニークで、時代に合わせて発展変化し、絶えずイノベーションしている。楽団メンバーは国内外のオーケストラの優秀なミュージシャンと外国ミュージシャンから成り、各ミュージシャンは豊富な公演経験をもち、その多様化したスタイルは会場の人々を飽きさせない。「魔笛のストーリー」はモーツアルトが生涯最後に完成したオペラ「魔笛」をアレンジしたもので、音楽を聴きながらストーリーを聴き、美しい童話の世界を分かち合おう。

「Hello ファン・ゴッホ」芸術展

開催日:即日から3月19日
場所:上海世博源


芸術展は歴史を通して、芸術に焦点をあて、復活したファン・ゴッホの世界を表現する。天才画家フィンセント・ファン・ゴッホの真実、悲惨、激情、苦痛を詳述する。これは新たにファン・ゴッホ作品を発見し理解するチャンスでもある。

神美·ミケランジェロ大型展

開催日:即日起至3月20日
場所:芸倉美術館


今回の展覧会でミケランジェロ故居博物館と連携して、イタリアのアントニオ・デヴィート氏がキュレーターを務め、完全に伝記的な天才ミケランジェロの約70年にわたった波乱万丈の芸術生涯を表現。中国初のミケランジェロの一生成就した芸術展を全面的に再現する。

科学普及文芸、十万個のなぜ
鶏の秘密ファイル、十二支特設展

開催日:1月20日-5月
場所:上海科学技術館


「鶏の秘密ファイル」十二支特設展では一連の興味深い問題に関して、皆がよく知っている種において皆が知らない小さな秘密を解明する。上海科学技術館1階球庁において、展覧している。同時に開催されている木彫り人形総動員臨時展覧会において、興味深く説明する機械設計の基礎知識は親子での参観にぴったり。