• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • アート・音楽イベントカレンダー
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME ≫上海蟹の故郷—長江河口の崇明島 HOME

小籠包の発祥地——南翔古鎮

上海蟹の稚魚はほとんど長江河口からとれたもの。

上海の秋には一大イベントがあり、それは上海蟹を食べることです。では、一体上海のどこで肉質細やかな蟹が食べられるのでしょうか。まさに崇明でしょう!崇明島は長江のチュウゴクモクズガ二の主要産地として、稚魚資源の質の良さでは世界に名を馳せています。それは長江河口の水質には上海蟹の成長に有利な養分が多く含まれている塩分や微生物が多く含まれているためで、肉質の良い蟹が育つのです。崇明は西太平洋沿岸の中国海岸線の中央地点にある区域で、世界で最大の沖積島です。水、土壌が綺麗で、空気も澄んでおり、空も青く、ここ3年間のPM2.5の平均数値はわずか35となっています。現地の特産品のさまざまな食材なども加えて、休日のレジャーにはもってこいの場所です。

レジャー――自然のままの崇明

東灘は島で一番早く日の出が見れる場所です。冬になると渡り鳥たちが冬を越すためにやってきます。葦が風に吹かれて揺れ動き、ここでは風の足どりを感じることができます。丸太で組まれた桟道をまっすぐ一面に植えられた葦の海の奥深くへゆっくり歩いていけば、まるで自然の中へ埋もれてしまうのではないかと錯覚を起してしまいます。鳥がさえずり、すぐそばを通り過ぎていきます。ここでは自然と人間の共存を肌に感じることができます。

崇明東灘オオカリ

泰生農場は敷地面積430ムー(約28.7万平方メートル)、泰生農法によって耕作し、農場内では無機、有機農法を組み合わせたもので、リゾート村及びそのメンバーに新鮮で、安全な農産品を提供するほか、観光客にも多くの観光体験サービスを行っています。

レジャー――自然のままの崇明

農場の各エリアはそれぞれ明らかに区分され、田畑、養豚場、豚の糞・尿処理場、自然湿地、田畑のほとりのキャンプ場、更に子どもたちが魚釣りを体験できる養殖エリア、豚の飼育フローエリア、養鳩場、養禽場、ウサギ飼育エリア区などがあります。養豚場は直接参観することはできませんが、囲いから見学することができ、その囲い上にはミスト装置を設置し、オゾンを噴射してレストランの環境に影響しないように養豚場の臭気を中和させています。農場の生態ミニ火鍋は農場内レストランのお勧めメニュー。鍋に入れる肉、魚、各種の野菜は全て農場で育てられたものです。

東灘湿地公園西沙湿地公園

西沙湿地は、長江と東シナ海、河流と陸地の交差する場所に位置し、唯一自然の潮汐現象と干潟林地の自然湿地を保有し、潮汐は各種の地形と抱負な動植物資源を育んでいます。木製の桟道上をゆっくり歩くと、まるで緑の海の中にいるような錯覚に陥り、桟道の両端には果てしない芦林が広がり、桟道の舌には湿地の浅水が流れ延々と伸び、桟道上にはベンケイガニを釣る人を見かけることもできます。ゆっくりと湿地の奥地へ入っていくと、カモメが休んでいる様子を目にし、美しい風景に心もなごみ、静けさに陶酔するでしょう。西沙の日没も絶景だと言われています。芦林の湿地の中に心を開放させて、日没前の夕日を観賞するのも格別です。薄い靄がかかる中、日没の輝きにうっとり。その光はきらめく光ではなく、深いオレンジ色に顔が透き通っていくような奇妙な輝きを放ちます。

新鮮な崇明の食

崇明料理は、上海では独自の一派を打ち立てています。味としては、あっさりとした塩味を主としており、味わい深いです。作りかたとしては、煮物料理が主となっています。

崇明の特産は多く、東シナ海や長江、川の中の魚やえび、活きのいいえさを食べて育ったアヒルやガチョウ、きれいな水で育てられた野菜や果物など、その品質の良さから、化学調味料を使わずに、葱やしょうがを加えただけのシンプルな調理方法でも、食材の新鮮さで、十分美味しくなるのです。

崇明特産

崇明料理は食材本来の味を楽しむため、常に旬のものをいただきます。
三月は長江の刀魚、四月は長江の梅子魚(この魚は大きく育たないため、150gほどが最大のサイズ)。五月は長江の鳳尾魚、すずきとクルマエビがあります。海でとれたえびは熱を加えると身が赤くなり、川えびの殻が赤く身が白いのとは異なり、長江のクルマエビは野生で、熱を加えると、殻は青く、身は白くなります。五月の旬の野菜はソラマメやグリーンピースなどがあります。それに特産物である赤い皮のじゃがいもは、大きくはないが、ほくほくとした美味です。六月と七月はキンシウリ、白インゲン豆、枝豆、ナスなどが旬。キンシウリの葱油和え、ナスと豆の小えび炒めなどがおすすめです。崇明特産の青皮の茄子は鮮度が良く、生で食べてもほんのり甘い味がします。七月から八月はシラウオのスープが旬。秋冬の時期は崇明のチュウゴクモクズガニと羊肉は栄養豊富で、滋養強壮にはもってこいのごちそうです。

新鮮な崇明の食

崇明の伝統菓子には団子と餅があげられます。

伝統菓子

かつて、崇明の民家のかまどには必ず崇明の伝統菓子である餅を蒸すための大きな蒸篭が備えられていました。現在は即売の菓子店が多く見られるようになりました。崇明の餅は口当たりほんのり甘く、程よくもちもちとした食感で、棗や果物の砂糖漬け、胡桃、ひまわりの種、そして松の実などと合わせて、栄養も豊かです。崇明の団子は大きく、中に具がたっぷりと詰まっています。あんこ、ごま、野菜とひき肉、棗のあんなど、種類もたくさんあるため、何の具が詰まっているかすぐ分かるように、団子の形も楕円形、円形など形を変えたり、一つ二つと角を尖らせたり分かりやすく分けています。赤い点の印をつけている団子もありますが、本来は誕生祝につけられていましたが、現在はこれも具の中身を見分けるために用いられています。

美食

心地よい崇明の滞在

2014年にオープンした崇明金茂ハイアットは、東灘湿地公園に隣接し、密度の低い中国風の建築スタイルで、ペットの宿泊もできます。「品悦」中国式レストランのボックス席の名は、全て鳥たちに由来しています。例えば、あでやかなオシドリ、美しいカササギなど、その他の小部屋も家族の憩いにもってこいの場所となっています。雅な食事環境だけでなく、食材の新鮮さこそもっとも重要なものです。レストランの前に置かれている「本日のシェフのおすすめ」のボードには、例えばチュウゴクモクズガニ30杯、長江鮰魚7匹、長江クルマエビ4人前などといった、その日数量限定で提供する新鮮な川魚や野菜の入荷数量が記されています。また、商品棚の上には、その日農場から仕入れた有機野菜や卵、とうもろこしなどが並べられていて、注文が入ればすぐに厨房に送り、新鮮なまま調理してくれます。食材は全て数量限定のため、お早めにお越し下さい。

崇明島中北部に位置する上海怡沁園休暇村

東平国家森林公園と道路を挟んで向かいにあり、休暇村内に一面に植えられたアケボノスギ、縦横に伸びた小川、趣深い小さな橋、さやさや流れる川の水、まるでどこかの景勝地に身を置いているような気分になります。アケボノスギの森の中にある「沁心桟道」から出発し、休暇村をぐるっとまわると、森のマイナスイオンを体いっぱい吸い込み、心も体も休まるでしょう。家族の休日だけでなく、カップルの旅行、友人との集まり、またビジネス会議、あらゆる目的に合う場所です。ここですごした思い出はきっと忘れられないものとなるでしょう。また、宿泊の値段もお手ごろとなっています。予約が大変取りにくくなっておりますので、旅行シーズンを避けてお越し下さい。

明珠湖天鵝苑ベストな宿泊場

上海市初のキャンピングカー(トレーラーハウス)のオートキャンプ場として、明珠湖天鵝苑はフレッシュなアウトドアを探求するにはベストな宿泊場です。同苑にはキャンピングカー体験エリアを設置し、レジャーフィッシングエリア、景観客室エリア、優雅なコテージエリア、特色のあるレストランエリア、会議レクリエーションエリアなどの6つのサービスエリアを設置。27台のキャンピングカーを草原上に駐車し、各車両間には緑色の灌木で仕切られ、各駐車場はミニガーデンもあります。キャンピングカーはそれぞれ4車種に分かれているため、4種類の客室が備えられています。そのうち最も広いファミリー型のキャンピングカーは22平方メートルで、各車両には共有の河で水遊びができるプレイスポットがあり、家族みんなで休憩し、川の流れ、芦林の湿地を眺めることができます。そのほかの3種類のキャンピングカーは、いずれも18平方メートル。全てのキャンピングカーはいずれも地熱ポンプによるクリーンエネルギーで給水、ヒーティングを行い、そのほか3台のキャンピングカーの空車スペースは自家用キャンピングカーの停車、宿泊、充電などのサービスを提供しています。宿泊客に対してオートキャンプ場での宿泊体験を提供するだけでなく、同苑ではメイン客室66室、独立型のコテージ3棟を保有し、全設備完備。大小会議室2カ所があり、それぞれ約100人、30人収容の会議・各種パーティの開催が可能で、多目的ホール2カ所、チェス・トランプルーム8室を保有し、先進的な設備を完備しています。また、有名な明珠湖で獲れた天然魚をご賞味していただくなら、ぜひ同苑にお越し下さい。このレストランは約200人の同時収容が可能で、入口には崇明島特産コーナーには農家直送の白インゲン豆、チンゲン菜、里芋、白菜などの新鮮な野菜などが並べられ、時にはタニシなどもあり、更には大小大きさの異なる地鶏、鴨、ガチョウの卵などもあり、どれもとても新鮮です。

心地よい崇明の滞在