• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • アート・音楽イベントカレンダー
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
HOME2017年アート・音楽イベントカレンダー ≫ 9月 HOME
レイチェル・ヤマガタ Rachael Yamagata 2017中国ツアー・上海ライブ

レイチェル・ヤマガタ Rachael Yamagata 2017中国ツアー・上海ライブ

レイチェル・ヤマガタ Rachael Yamagata 2017中国ツアー・上海コンサート
開催日:9月9日(土曜日) 20:30
会場住所:MAO Livehouse上海上海黄浦区重慶南路308号3階(建国中路近く)
入場料 : 前売り RMB 260 当日 RMB 320

注意:
(1)入場券は販売後返金・取替不可(不可抗力による公演取り消し或いは延期を除く)
(2)公演当日、携帯電話番号/名前/二次元バーコード或いは認証コードを持参のうえ、入場券販売窓口で入場券を受け取って入場すること。
(3)会場はオールスタンディング、座席はないが、座りたい場合は会場併設のバーに尋ねること。

アメリカシンガーソングライターのレイチェル・ヤマガタ Rachael Yamagata 2017中国ツアーが9月、北京、上海、杭州、成都、広州、深圳で開催される。R&B、ブルース女性シンガーのボニー・レイット(Bonnie Raitt)の最後の後継者、又は女性版ダミアン・ライス(フォークシンガー)と称されるレイチェル・ヤマガタは、昨年中国ツアーで多くの文学青年を虜にし、初めてのライブシーンも印象深く、彼女のソウルフルな刺激的な歌声はいつまでも耳に残った。今年もまた彼女が至近距離でやってくる。

レイチェル・ヤマガタ Rachael Yamagata
2017中国ツアー

9月08日北京 愚公移山
9月09日上海 Mao Livehouse
9月10日杭州 Mao Livehouse
9月12日成都 小酒館空間
9月14日広州 TU凸空間
9月15日深圳 B10現場

2016年、レイチェル・ヤマガタは中国ファンに初めてライブコンサートを開催した。まだ会ったことのない古い友人に会うような出会い。初ライブは、メディアと音楽ファンから大好評。ライブステージの途中、レイチェルはステージ下のオーディエンスやファンと自らフレンドリーに触れ合った。こんなチャンスはめったにない。昨年チケット発売後上海会場を皮切りにチケットは売り切れ状態で、ツアーはほとんど満員御礼。前回、会場に行けなかったファンにとって、今年は絶対に見逃せない。

昨年のツアーに参加したオーディエンスはレイチェルを知らない人は少なかったようだ。レイチェル・ヤマガタは1977年アメリカバージニア州生まれ、彼女の父は日系3世のアメリカ人、母はイタリアとドイツのハーフ(芸術家)である。多くの文化を受け継ぐバックグラウンドと各地を転々とした生活成長過程において、家庭の中で濃厚な芸術ムードによって自身の感覚が磨かれ、レイチェルは幼い頃から東西文化の融合した独特の気質で、芸術的才能と音楽的センスを備えていた。

レイチェルのプロミュージシャンとしての音楽活動はシカゴのジャズ・ファンクバンドBumpusからスタートした。同バンドは3枚のアルバムを発売しアメリカ全土を公演。レイチェルはギターリストのボーイフレンドと別れた後、2001年ニューヨークで単独で音楽活動をスタートし、2003年初ソロのコンパクトレコード(EP)を発売。2004年初アルバム「Happenstance」発売と同時に、音楽業界から好評を得てブームとなった。

そのうち、ファンから大人気のシングル「Be Be Your Love」は、李焯雄が新たに歌詞を手掛けた中国バージョン「一个人睡」(一人で眠る)が、その後、莫文蔚が中華圏の音楽界でリバイバルヒット。また台湾のユニークなポップスバンド「ソーダグリーン(蘇打緑、SodaGreen)も自身のアルバムでこの曲を歌ってリバイバルさせた。

これまでの音楽活動において、レイチェル・ヤマガタは自己の繊細な感情を異なる音楽スタイルで一曲一曲に取り入れ、豊富な生活経験を更に内面的な感性に込めている。これらの内面的な心を唄った作品はより多くの人々の心に共鳴し、心の傷を癒す鎮痛剤、深夜眠れないときの睡眠薬となっている。



創世記・ミケランジェロアジア初ツアー

創世記・ミケランジェロアジア初ツアー

開催日: 2017年06月08日 ~2017年10月07日 毎日 10:00 - 22:00
場所: 上海黄浦区上海環球金融中心 4F芸術空間
入場料: 150元(おとなチケット)から


見どころのわけ1:
国際最高級芸術版権、唯一の正規版が上海に登場


今回アジア初展覧会は、「創世記」唯一の正規版版権もつ作品が上海に登場する。その他の展覧会上の模写版、模造版或いは現代芸術家が再び加工した復刻版でもない。今回の展覧会作品はオリジナル保存版権を取得し、特殊材料、技法により人類最高作品を1:1の等身大で復刻し、オリジナル作品中の神がかった筆づかい、歴史を物語る各ひび、細かな皺なども再現され、壁画原作レベルの品質である。


見どころのわけ2:
代表作が初めて上海に登場する。この巨大な絵画作品は驚くような大きさで、視覚的にも圧倒される。


今回の展覧会34作品は、驚くような巨大な作品で、展示ホールは驚きの迫力で、視覚的に圧倒される。

最小作品のサイズ:2.8x3.8メートル、約10平方メートル
過半数の作品のサイズ:3.8x3.8メートル、3.8x5.8メートル
最大作品の「最後の審判」の大きさは12メートルx12.5メートル。5階建ビルの高さに相当する!!
高さ12メートル以上の巨大な作品を目の前にして、絵画の中の400体の天使を鑑賞できるとあって、巧妙で絶美な視覚的な衝撃と魂を揺さぶる感覚の体験を想像することができる。


見どころのわけ3:
「数世紀にわたって、このように至近距離で心を揺さぶる大作を鑑賞した人がいるだろうか!」(ヴェロニカ・レッドグレイヴより)。更に、写真撮影自由!


原作のシスティーナ礼拝堂の天井は高さ26メートルで、観光客は9階建てのビルの高さを仰ぎ見るかたちとなり、実際、この大作の精髄の美を鑑賞することは不可能である。また、世界的文化財の保護のため、礼拝堂では一切の撮影を禁止している。

これに対して、今回の展覧会では、巨大な壁画を目の前に、作品中の各精細で美しい人物イメージ、数百年にわたって壁画に残された詳細のひび・しわ、自然風化の痕跡を余すことなく見ることができる。数世紀にわたって、このように至近距離で人の心を揺さぶる大作を鑑賞した人がいるだろうか。近寄って手で触れることもできる。特に重要な点:写真撮影も自由!


見どころのわけ4:
中国初のAR(拡張現実)テクノロジーによる全プロセスサポートの芸術大型展覧会で、各作品があなたの目の前で躍動する。


今回の展覧会は国内初のARテクノロジーと国際芸術展覧を全面的に組み合わせた大型展覧会で、「創世記」展示ホールの巨大な絵画作品はいずれもAR技術によるもので、世界初の高品質、ハイレベル、ハイテクノロジー芸術展覧会である。

専用のARヘルメットグラスを着用し、巨大な各作品の前に立って鑑賞すれば、原画と融合するダイナミックなシーンが目の前に現れると同時に、イヤホーンで絵画作品の紹介などの情報を聞き取り、現実とバーチャルの静・動が組み合わさったハイテク感で、歴史と現実の相互融合を感じることができる。


見どころのわけ5:
フロアと天井が呼応する独特の展示形式で、横になって大作を凝視することができる。


今回の展覧会作品34点は、フロアと天井が呼応する展覧レイアウトで、実際、原作の圧倒される美しさを復元し、体験したことのない展覧会である。


見どころのわけ6:
静態芸術作品と現代的オリジナルの光と影の特効を融合させて、静・動を融合させた全く新しい展覧体験となる。


本次の展覧会は作品34点の静態展示のほか、コンテンポラリーアーティストのオリジナル動画アート、絢爛な光影特効テクノロジーを活用した極めて美しい無限のクリエイティブである。過去の芸術品或いは光と影の動画展覧とは異なり、全体的に静・動を融合させた全く新しい展覧会を体験できる。1,000人の心の中には1,000種類のミケランジェロがある。皆がそれぞれミケランジェロである。

光線マジックエリアのstar road 「星之路」、light forest「光之森」、予言インタラクティブエリアの井戸の中の奇妙な予言、不思議な幻影エリアの粒子状の科学技術ダヴィデ、大型ライトアニメーションシリーズ・宇宙の中のミケランジェロなどのコーナーもある。


見どころのわけ7:
東西文化の交流が交わり、テーマイベントは全てのラインにおいて、親子・幼児教育に深く影響する。


見どころのわけ8:
上海のランドマークの展覧会場は、最も天国に近い高いところにあり、最高レベルの芸術展覧会である。


今回の展覧会は上海のランドマークを代表する環球金融中心(上海ワールド・ファイナンシャルセンター)の4階と94階で開催され、最も天国に近い高さでこの最高級芸術展覧会を開催し、同時に上海市全体の絶景を見渡すことができる。


見どころのわけ9:
地球を半周し対話するインタラクティブ


同展覧会の世界ツアーは、同時にニューヨークで盛大に開幕される。ニューヨークでは9・11「アメリカ同時多発テロ事件」のツインタワー再建設後の核心的なランドマーク建築「ワールドトレードセンター」の最高階でも同時に開催する。また、これに呼応して上海で開催される展覧会は、上海のランドマークである上海環球金融中心が選ばれた。

東西の両高層ビルでは、展覧会を参観するあなたに地球を半周して芸術展覧ツアー史上初の「創世記」インタラクティブ行動芸術を完成させる。