• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • アート・音楽イベントカレンダー
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
HOME2016年アート・音楽イベントカレンダー ≫ 1月 HOME

共舞2016——ウィーンヨハン·シュトラウスオーケストラのニューイヤーコンサート(2016年1月1日14:00)

開催日:2016年01月01日
場所:上海音楽庁
住所:黄浦区延安東路523号(西藏中路近く)
電話番号:021-53866666 021-63862836
時間:14:00スタート 
地点:大ホール
入場料:¥80/ ¥180/ ¥280/ ¥380/ ¥480/ ¥680/ ¥880

簡略紹介:

2004年から、ウィーンヨハン・シュトラウスオーケストラはすでに12年目の上海音楽庁でニューイヤーコンサートの公演である。このコンサートは上海のニューイヤーコンサートのブランドプロジェクトで、彼らがもたらすニューイヤーコンサートは上海の新しい年を迎える盛大な音楽パーティとなっている。同オーケストラは1843年に結成。メンバーは慶祝会場において赤いブレザーと白いロングパンツを着用するのが特徴である。1977年、新たに結成したウィーンヨハン・シュトラウスオーケストラは引き続き偉大な作曲家ファミリーシュトラウス家に代々伝わる伝統作品を演奏し、特にヨハン、ジョセフィン、エドワードなどが創作した古典名曲を演奏する。日本、スペイン、ポルトガル、イタリア、アメリカ、南米などの各地で公演し、大きな成功を収めている。

曲目:
ヨハン·シュトラウス2世「浮気心」ポルカ・シュネル作品319
ヨハン·シュトラウス2世「ヴェニスの夜」序曲
フランツ・レハール 「熱き口づけ」女性ソプラノ
ヨハン·シュトラウス2世:狂乱のポルカ作品 260
ヨハン·シュトラウス2世「オーストリアの村つばめ」ワルツ
ヨハン・シュトラウス2世「クラップフェンの森で」フランスポルカ作品336
ロベルト・シュトルツ「私の歌はワルツでなければ!」女性ソプラノ
ヨハン・シュトラウス2世「南国のバラ」ワルツ作品388
ヨハン·ライン「青きドナウ」ポルカ曲作品148
ヨハン・シュトラウス2世「休暇旅行で」ポルカ・シュネル作品133
ヨハン・シュトラウス2世「ウィーン気質(かたぎ)」ワルツ
カールシー「完璧に美しいバラをあなたに」女性ソプラノ
ヨハン・シュトラウス2世 ポルカ「狩り」
ヨハン・シュトラウス2世「シャンペン・ポルカ」作品211
オスカー・シュトラウス「傾斜の歌」女性ソプラノ
ヨハン・シュトラウス2世「チャルダッシュ」より「騎士パズマン」
ヨハン・シュトラウス2世「美しき青きドナウ」ワルツ作品314
ヨハン・シュトラウス1世「ラデツキー行進曲」作品228



印象派の巨匠·ルノワール特設展in上海

開催日: 11月20日 ~ 2016年03月06日每天11:00-19:00
場所: 上海静安区上海市南京西路1333号上海展覧中心6号門
入場料: 80元(前売り) 120元(当日)

欧米15カ所の有名博物館から貴重なルノワールコレクション40点あまりが2015年11月20日から2016年3月6日まで上海展覧中心西2館で盛大に公開されている。

今回の展覧ではルノワール作品約40点を展示し、その展示品はルノワールの一生における各段階のオリジナル作品で、そのうち、絵画作品40点以上と青銅塑像1点を展示。これらの作品はスコットランドのエディンバラ国立キャラリー、(National Gallery Scotland, Edinburgh)、ジュネーブプティ・パレ美術館(Musee Du Petit Palais Genève)、ベオグラード国立博物館(National Museum Belgrade)、イギリスオックスフォード博物館(Ashmolean Museum)ケンブリッジ大学博物館(Fitzwilliam Museum)にある14カ所のヨーロッパ及び北米の国立美術館からである。有名な油絵「アリーヌ・シャリゴの肖像」、「授乳する母親」、「ガブリエル」、「音楽会」、「浴女」、銅製塑像「ルノワール夫人の胸像」などが今回の展覧で公開されている。

今回、上海で開催されているルノワール特設展は2015年11月20日から開始し、春節の3日間の休館を除き、引き続き2016年3月6日まで。

ピエール=オーギュスト(オギュスト)・ルノワール(Pierre-Auguste Renoir、1841-1919)はフランス印象派の有名画家、彫刻家として、クロード・モネ、フレデリック・バジール,アルフレッド・シスレーとともに印象派の四大巨匠といわれている。初期の印象派運動に密接に関わっている。彼の早期の作品は典型的な記録的な生活を題材とした印象派の素朴な作品が多く、目を奪われるような光と色彩の変化を描いた。その後、1880年代中期、印象派運動から、人物画や肖像画に転向し、特に婦女の肖像画の中に自己のさらに謹厳で古典的な絵画技法を発揮していった。

ルノワールはモネと肩を並べる印象派の巨匠である。彼は開拓的なアートの天才として、モネなどと共同で印象派を構築し、世に貴重で無上の芸術作品を残した。