• 2013.01.18(火)
上海館【観】 上海館【観】 上海館【遊】 上海館【買】 上海館【美】
  • 旅行の基礎知識
  • 上海観光情報
  • 上海滞在情報
  • 旅の基礎知識
  • メールマガ登録
  • 上海交通情報
  • 地下鉄マップ
  • 空港マップ
  • 上海観光インフォメーション
  • レストランリスト情報
  • レジャー施設情報
  • 旅行社情報
  • デパート情報
  • ゴルフ情報
  • 博物館情報
  • 展示場情報
  • 上海観光インフォメーションセンターリスト
イベント
  • season
  • ベント年間カレンダー
  • アート・音楽イベントカレンダー
  • 展示会イベントカレンダー

  • 歴史
  • 洋館
  • 買物
  • 美食
  • 修学
  • 川辺
≫HOME 上海体験記TOP ≫ 体験談 HOME

上海に新しい街歩きの足、BRTが登場。

大家好!岡本綾と申します。

上海へ着任して約1ヶ月、ようやく上海の街に慣れてきました。

上海は、日本と同様公共の交通機関が充実しています。街歩きが大好きな私は日々時間を見つけては乗り物を利用しながらぶらぶらと街歩きも楽しんでいます!

そのなかでも、今回は2017年2月に登場しました新しい街歩きの足をご紹介します!その名も「延安路中運量公交系統」の「71路」。簡単にいうと「BRT(バス・ラビット・トランジット)の71番」です。このBRT、バンコクやソウルではお馴染みですね。

上海のBRTは、延安路の高架下をメインに、専用レーン(道路の赤い部分)を走るバスです。ちなみに、一般車がこの専用レーンを走った場合の罰金は100元だそうです。(緊急車両は除外)

メリットとしては、BRT「71路」専用車線を走るので、一般的なバスやタクシーに比べると渋滞がないこと、わかりやすい停留駅があること、電動なのでエコであること、ほとんどの乗り場が高架下なので雨の日の乗降車時に濡れないこと、が特徴です。その上、地下鉄に比べると運賃が安く(距離にかかわらず片道2元)、車窓から緑豊かな上海の街並みを楽しむことができます。

なぜ「71路」?
BRT開通に向けて、一般的な路線バスが22本廃止、路線短縮などの調整が行われました。その結果、元のルートに近かった従来の「71路」の路線名が採用されたそうです。

どこを走ってる?
上海市内の外灘から虹橋方面の申昆路まで、延安路(東路、中路、西路)高架下のバス専用レーンを東西に17.5㎞に沿っています。25の停留所があり、始発駅から終点までの運行時間は約75分です。
ご滞在にお時間のある方や上海リピーターの方など、試してみられるとまた違った上海に出会うかもしれませんね。 そしてなんと!上海観光名所の「外灘」にもっとも近くアクセスできる公共交通はこのBRTだけ。

乗り方は簡単?
延安路を歩いていると、徒歩約10~15分程度間隔に駅があります。中央分離帯に設置されており、バス停なのに二重扉があり、ベンチやごみ箱のデザインもスタイリッシュです。
ここで注意点を1つ。「71路」には、始発駅から終点まで走る全区間車バスと途中までの区間車バスの2種類あります。バスの前方に表示もありますが、蛇腹が付いている長いバスが全区間車バス、蛇腹が付いていない短いバスが区間車バスと見分けるとわかりやすいです。外灘までは全区間車バスです!

バスの運賃は乗車時に払います。支払いは、上海市内の地下鉄やバス、タクシーで利用できる交通カードまたは現金(お釣りはでません、車内で両替もできません)です。
車内には、現在地、次の停車駅、目的地を示してくれる電子掲示板が英語でも表記があり、車内アナウンス(テープ)も英語であります。
また、女性の車掌さんがいます。中国語のみですが、乗客の安全に気を配り親切なサービスが話題を呼んでいます。 日本の路線バスと異なり、降りるブザーはありません。すべての駅に停まってくれるのも安心の一つですね。

まだまだガイドブックには掲載されていない新しい街歩きの足「71路」はいかがでしたでしょうか。
意外と!?地下鉄よりも行きやすいスポットがたくさんあります。
まずは、上海へお越しの際は上海横断ラインの「71路」で外灘へ訪れてみてください!
下車した時に広がる外灘の景色は私のお気に入りのひとつです。

岡本綾